ホーム > ビジネス > 一般的な考えは危険

一般的な考えは危険

一般的な初心者用の外為取引の教科書では、「損をした場合はナンピン買いを入れることによって、全体の平均のコストをコントロールする事が出来る」等述べられているが、実際はここには大きな危険が待ち受けています。

 

ナンピンの手法に関して易しく説明しておこう。

 

たとえば、1ドル=100円でドルを買ったとします。

 

$(ドル)買いですので、ドル高に進むほど黒字を得られますが思い通りに行かず95円までドル安方向に進んだとします。

 

この状態で維持し続けたとしたら、損失が回復するまでにはマイナス分ドル高に進む必要があります。

 

皆さん、赤字は早めにリカバリしたいと願うでしょう。

 

この状況を乗り切るためはじめに注文したのと同じ量の$(ドル)を、1ドル95円でエントリーします。

 

そうしたら、平均の買い付け単価は97円50銭まで抑える事が出来ます。

 

すなわち、2円50銭の幅で円安ドル高が進むと、損を失くせます。

 

この流れがナンピン買いの理屈です。

 

このような、ナンピン買いの理論をみると「確かに」と思ったりするが、市場は容易には上手くはいきません。

 

元々、1ドル=95円が底だということなど誰一人として予想できません。

 

相場が強いドル安トレンドだとすると1ドル=95円では下げ止まることなくさらにドル安にいく可能性は高いです。

 

一例として、97.50円でナンピン買いをして、1ドル=95円までドル安に進んだら、ナンピンをした分についても、為替差損が生じることになってしまうのである。

 

そういう状態では初めに保有したポジションと合わさって、マイナスを被ることになる。

 

それゆえ、ナンピンは難解です。

 

では、市場が筋書きとは反対の方向にどんどん進んでしまった場合どういった手段でリスクを軽減すればいいのでしょうか。

 

ここで選べる手段は2つあります。

 

ひとつは観念して損失を確定する事です。

 

もうひとつの方法としてはその段階で、自分が所有しているポジションを小さくする事によって再び為替が戻るのを黙って待機する事です。

 

ちょっと消極的な対策だとみる投資家もいます。

 

しかし、所有しているポジションに差損が生じた場合最も効果のある術はこれ以上のものはないです。

 

当然、理論としては、ナンピンという対策もあると思います。

 

けれどもナンピン買いは自身が損失を出している場面で、買いポジションを縮小するどころか、それとは反対にポジションを買い増していく手法です。

 

この対策では、危険性をコントロールすることなど、到底できないと思うべきです。

 

ナンピンをしていけばいつかは儲けが出るかもしれません。

 

けれども、それ以前にお金がマイナスになってしまいます。

 


関連記事

  1. 一般的な考えは危険

    一般的な初心者用の外為取引の教科書では、「損をした場合はナンピン買いを入れること...

  2. テスト

    テスト記事です。...